セラミド美容液 トップ >  > 乾燥肌に与えたい成分とは|乾燥肌スキンケアのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加

乾燥肌に与えたい成分とは|乾燥肌スキンケアのコツ

歴年の乾燥肌を改善させたい!

ka1.png
夏冬問わず、ずっと乾燥肌の方は結構多いようです。
乾燥しないようにあらゆるスキンケアをしているのに、すぐ肌が乾燥してしまい、せっかくのスキンケアも効果を発揮しているのかどうなのか...

乾燥肌には色んな種類がありますが、どんなスキンケアをしても乾燥度が改善されないのは、スキンケアに問題があると言えます。
乾燥肌に足りない根本的な成分を、補えていない証拠です。

乾燥肌に必要な成分やスキンケアは、どのような事なのでしょうか。

乾燥肌には何が足りないのか

ka2.png
乾燥肌の表面には、潤いがありません。
しかし、潤いが無いのは肌の表面だけじゃなく、肌の奥底まで潤いが足りない場合が大半です。
よって、肌表面だけをスキンケアで潤わせても、すぐに乾燥してしまい、乾燥肌が全く改善されません。

肌をきちんと潤わせる為には、皮脂や天然保湿因子、角質細胞間脂質が必須となります。
その為には、ただ化粧水を付けるのではなく、保湿成分をきちんと肌に与える事が重要となります。

肌の底から乾燥してしまっている乾燥肌に与えたい保湿成分は、セラミド です。
セラミドは角質層に存在している、細胞間脂質です。
肌の水分を保つ役割の中の、80%を担っております。
セラミドは肌の中に増えると、水分力がグッと上がると言えます。

肌の潤いが乏しいスキンケアの方法

ka3.png
一般的な肌質のスキンケアは、化粧水を付けて最後に乳液を付けます。
しかし、著しい肌の乾燥を持っている人や年齢肌の人は、乳液ではしっかりスキンケアの蓋が出来ず、水分が逃げてしまう可能性があります。

そんな肌質の方は、乳液ではなくクリームを使ってあげるようにしましょう。
クリームの方が乳液より油分が多いので、しっかりと肌に蓋をしてくれます。

クリームは油分が多いので、顔にタップリ付け過ぎるとニキビなどを併発させてしまう可能性があります。
あくまで薄く塗ってあげる事が、ポイントです。
両手の平にクリームを伸ばして、その手で顔を覆って付けてあげると、薄く均等に顔にクリームを塗る事が出来ますよ。

クリームにもセラミド配合の物を使おう

ka4.jpg
化粧水もそうですが、クリームや美容液などにもセラミド配合のスキンケアを使うと、更に保湿ケアを高める事が出来ます。

化粧水やクリームにセラミドが入っているオススメスキンケアは、アヤナスです。

アヤナスは、敏感乾燥肌でもエイジングケアが出来るスキンケアです。
その為、肌にとても優しいので、どんな肌質の方でも安心して使う事が出来ます。
敏感肌をケアし、美容成分を肌に浸透させてくれます。
乾燥肌は肌質が衰えているので、敏感肌の扱いのスキンケアが出来るのは、非常に望ましいです。

ナノサイズのヒト型セラミド配合なので、肌に浸透しやすく肌の奥までしっかりと届けてくれます。
肌の奥底から潤いに満ち溢れる肌になれるので、乾燥知らずの肌を作り上げる事が出来ます。
敏感ケアで肌をタップリ潤う事が出来るので、乾燥しきった肌にとてもオススメですよ。
このエントリーをはてなブックマークに追加

facebookもチェック♪

乾燥肌を改善させる為には、どんなスキンケアが適しているのでしょうか。乾燥肌の性質を知っていき、乾燥肌に根本的に効果を発揮してくれるスキンケアを選びましょう。乾燥肌のスキンケアについて、まとめてみました。