セラミド美容液 トップ >  セラミド詳細コラム >  セラミドと一緒に使うとよい成分
このエントリーをはてなブックマークに追加

セラミドは肌の保湿を作ります。

肌の中には乾燥から守るための成分で保湿物質(※有名なものだと、ヒアルロン酸・セラミド・コラーゲン)がたくさんあり、肌がみずから保湿物質を作り出すので、乾燥肌をケアしてくれます。
その中でも角層の水分、約80%は角質細胞間脂質(セラミド)がはさんで守っています。
お肌の乾燥を守る為には角質細胞間脂質(セラミド)とも言われます。
それでも、保湿物質はセラミドだけではありません。化粧品成分の中には、乾燥肌を守る為、いろいいろな保湿成分が入っているのです。
実際にどのような成分が入っているのでしょうか。

セラミドと一緒に肌を守る保湿成分の種類

セラミド以外でも、肌を守る保湿成分はたくさんあります。
セラミドのように強力な成分もあれば、違う働きをする成分もあります。
具体的に成分を上げると、
レシチン、スフィンゴ脂質、ステアリン酸コレステロール、PG、グリセリン、1.3BG、天然保湿因子、ヒアルロン酸、エラスチン、コラーゲン、ヘパリン類似物質
このようにたくさんあります。
人の肌の乾燥の為、化粧品や化粧水に配合されているものは、ヒアルロン酸が多いです。ヒアルロン酸はスキンケアの化粧水にたくさん使われている成分で配合量も多いからです。
セラミド化粧品は1つの成分だけではなく、他の保湿成分もチェックし肌のスキンケアを考えてみてください。

facebookもチェック♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
 | トップページ |